Aretha Franklin 「I Say A Little Prayer」

突然ですが、歌って、いいですよね。

私は歌が大好きでして、いい歌には目がないのです。

なので、よく暇な時間は Youtube で音楽を探して聞いたりしているのですが、最近色々と聞いているうちに出会ってしまったんです、このお方に!

そう、そのお方とは、Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)さんです!

とりあえず、まずはアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)さんについてご紹介しますね!

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin、1942年3月25日 – )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした[2]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている[3]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位[4]。

(wikipedia より引用)

wikipediaにあるように、すさまじいお方ですね・・・

女性アーティスト初のロックの殿堂入りに、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位ですからねー、彼女の才能や実力、功績は、まさに本物ですね!

歌を聞いてみて

いやー、私は恥ずかしながら、このとき初めて彼女の歌を聞いたのです・・・

が、その歌声に圧倒されてしまいました。

突き抜けるような高音に、まったく外れない音程、リズム。

ただ単に歌っているだけでなく、センス抜群のアドリブを交え、時に強く、時に弱く、ソウルフルな力強さと、繊細さを持ち合わせた素晴らしい歌声・・・

まさに、圧倒的な歌唱力でした・・・

自分の歌声を完璧にコントロールしている、そんな印象を受けましたね。

正直、今まで自分が聞いた中で、トップクラスに歌が上手いと思いました!

まさにプロフェッショナルです!

あそこまで歌える人はなかなかいないんじゃないかなぁと感じましたねー

昔の人は本当に歌が上手いなぁと、改めて実感したのでした!

「I Say A Little Prayer」


そんなアレサ・フランクリンさんの歌の中で私のお気にいりなのが、冒頭にも書いたように、

「I Say A Little Prayer」(1968)

です!!

この曲はカバー曲なのですが、そんなことを感じさせないくらい自分のものにしてしまっているところが、さすがの一言ですね!

とても明るい曲調で、アレサ・フランクリンさんの良さが存分に発揮されていますし、やはりアドリブの部分はすごすぎてぽかーんとしてしまいました・・・

映像つきの動画もあるのですが、歌をとても楽しそうに歌っていらっしゃって、そこがまたいいなーと感じましたね!

こっちまで楽しい気分にさせてくれる素晴らしい歌だと思います!

本当におすすめなので、是非とも聞いていただきたいものですー

まとめ

いやー、ここまでアレサ・フランクリンさんの素晴らしさをつい語ってきてしまいましたが、本当に一度聞いていただけたらと思います。

「I Say A Little Prayer」だけでなく、他にいい歌もたくさんあるので、時間があったら聞いてみてくださいな!

まぁー、何が言いたかったかというと、

アレサ・フランクリンさん半端ない。

ってことです。

いい歌があったら、みなさん教えてくださいな!