日本で見られるサーカス一覧!【まとめ】

エンタメ

サーカスはなんだか不思議な魅力がありますよね。

わくわくするというかなんというか・・・

なんだか久しぶりにサーカス見たいなぁと思ったので、日本にはどんなサーカスがあるか調べて、まとめてみました!

それでは、まずは日本発祥のサーカスから!

日本発祥のサーカス団

木下大サーカス

木下大サーカス

(出典:wikipedia)

世界三大サーカスのひとつでもある木下大サーカスの歴史は古く、1877年が開業の起源という、まさに老舗です。

2019年時点でもう140年以上になるので、歴史と伝統を感じさせてくれるショーが素晴らしいですよ!

ショーの内容としては動物による曲芸や空中ブランコ、オートバイ等を使用したものになっています。

サーカスと聞いてイメージするような、非常にオーソドックスなスタイルですね!

それに加えて、木下大サーカスでは日本古来の伝統芸を復元させる取り組みも行っているので、温故知新、まさに日本を代表する世界のサーカスです。

ショーが行われるシンボル的な赤いテントには虎の顔が描かれていて、とても非日常感を感じさせてくれますね!

ちなみに、お笑いトリオ「安田大サーカス」の名前の由来でもあるそうですよ!

さすが世界三大サーカスのひとつ・・・!

そんな木下サーカスは日本全国で公演を行っているので、興味のある方はぜひ!

公式HP:http://www.kinoshita-circus.co.jp/

 

ポップサーカス

 

(出典:ポップサーカスHP)

さて、次にご紹介するのは、ポップサーカスです!

1966年に開演して以来、なんと延べ500万人もの人を動員しているというポップサーカス!

ものすごい人気ですねぇ・・・

ショーの目玉は、8ヶ国から招致したアーティストが見せる圧巻のショーで、ポップサーカスでしか見られない、世界の技です!

個人的にはクラウンショーがあるというのがポイント高いですね!笑

※クラウン=ピエロのこと

ポップサーカスは関東近郊を中心にショーを行っているので、関東にお住まいの方は是非一度足を運んでみては・・・!

公式HP:http://www.pop-circus.co.jp/

 

ハッピードリームサーカス

ハッピードリームサーカス

(出典:wikipedia)

次にご紹介するのは、ハッピードリームサーカスです!

こちらのサーカスは上記二つのものと比べると、初演が2010年と比較的新しく、いままさに勢いのあるサーカスと言えるかもしれませんね!

ショーの内容はオーソドックスなスタイルに加えて、中国雑技団のようなすご技を取り入れたショーを行っているところが特徴です。

このサーカスのトレードマークは白と青の鮮やかなテント!

一目でわかるのでとても親切ですし、とてもきれいです。

そんなハッピードリームサーカスは西日本を中心に公演を行っているので、東の方は西に足を運ぶしかないですね!

公式HP:http://www.dreamcircus.jp/

 

ワールド・ドリームサーカス

上記3つに加えて、2017年に新たに発足されたのが、ワールド・ドリームサーカスです。

名前を見てお気づきの方も多いと思いますが、こちらハッピードリームサーカスと運営会社が同じです。

そのため、団員の重複や演目の重複があり(もちろんすべて同じではないです)、そこまで大きな違いはありません。

2つは何が違うかというと、ハッピードリームサーカスが定期公演で行われるのに対し、ワールド・ドリームサーカスはイベント公演が中心というところでしょうか?

なので、ハッピードリームサーカスの補足のような感じで追加させていただきました。

おそらく、公演の種類に応じてブランディング分けをしているのだと思われます。

ワールド・ドリームサーカスは海外公演も行っていますし、ハッピードリームサーカスを世界に広げるためのサーカス団なのかもしれませんね!

ワールド・ドリームサーカスもハッピードリームサーカスと同じように西日本を中心に公演を行っていますよ!

公式HP:http://world-dreamcircus.jp/

 

以上が日本のサーカス、さて、海外は・・・?

以上が、日本発祥のサーカスのようですね!

思ったよりも少なくて、ちょっとびっくりしてしまいました・・・

今は多くの娯楽がありますからね、エンターテイメント業は厳しいものがあるのかもしれません・・・

実際に、キグレNewサーカスという有名なサーカス団があったのですが、残念なことに解散してしまいました・・・

テレビなどのメディア露出も結構あったみたいですが、客足の減少で経営が悪化してしまったようですね・・・

非常に悲しいですが、最近サーカスという言葉をあまり聞かなくなったのも事実ですし、時代の移り変わりなんでしょうかねぇ・・・

まぁ、日本のサーカスはこんなところでおしまいとして、次は海外のサーカスについて見ていきましょう!

 

海外のサーカス団

シルク・ドゥ・ソレイユ

(出典:Cirque du Soleil 公式HP)

まずは、日本で聞いたことのない人はいないであろう、というほどの圧倒的知名度を誇るカナダのエンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユから見ていきたいと思います。

シルク・ドゥ・ソレイユは、1984年にスタートして以来、世界の多くの人を魅了しています。

ショーの内容はただ楽しいだけではなく、美しく、圧倒的なパフォーマンスを含め、まさに芸術と言えるほどのクオリティ!

いやー、もう正直サーカスと言えるのかはわかりませんが、一応サーカスということで今回はまとめてみました・・・笑

正直、個人的に好きなところは名前ですよね。

カタカナのインパクトもさることながら、意味が「太陽のサーカス」ですからね・・・

かっこよすぎません?

ただ素人的には、ちょっと派生系がたくさんあって、どれを見ればいいの!?ってなるところがありますね・・・笑

今後、きちんと調べてみたいと思います!

シルク・ドゥ・ソレイユは大きな都市を回っているので、近くに来たら是非見に行きたいものですね!

公式HP:https://www.cirquedusoleil.com/

 

ボリショイサーカス

(出典:ボリショイサーカスHP)

さて、次はロシアのサーカスであるボリショイサーカスです!

調べたところによると、ボリショイサーカスというのは固有名詞ではなく、ロシアのサーカス団が日本で公演を行うときのブランド名みたいなものなんですね!

ロシア語でボリショイは「大きい」という意味らしく、なるほど、たしかにわかりやすいかもと思ってしまいました・・・笑

なお、ロシアでの正式名称はロシア連邦サーカス公団といい、国立の機関となっています!

国立とは、すごいですね!

まぁ、ロシアは社会主義国家なので、たしかにそれはそうなるわけですが、資本主義に生きる我々にとってはなんだかすごいなぁと思ってしまいますよねー笑

ボリショイサーカスはさすが国立というだけあって、それはそれは圧巻のショーを見せてくれます!

なんとスタッフ4000人、動物は6000頭とのことで、さすがロシア、スケールが違いますね・・・笑

そんなボリショイサーカスの公演は日本各地で行われているので、気になる方は公式HPをチェックです!

公式HP:https://www.bolshoi.jp/

 

まとめ

 

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

 

サーカス、見に行こう・・・!

 

ってことです。

ここまで、日本で見られるサーカスをまとめてきましたが、日本で見られる大規模なサーカスってこんなに少ないのかと正直驚きましたね・・・

もっとあるのかと思っていたのでびっくりしました。

海外からはよく来ているイメージだったので、イメージはあてにならないなぁと思った次第です。

今後サーカスが少しでも盛り上がってくれることを祈るばかりです。

今回、サーカスのまとめを見ていて、テーマパーク遊びに行きたいなと思った方は、まとめてみましたのでよかったら → キャラクターに会えるテーマパーク一覧!【まとめ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました