君の名は。 ついに189億突破・・・

「君の名は。」この前100億突破ってのが話題になりましたよねー

ジブリ意外では初の100億ってことで、ものすごいニュースになってましたね。

そんな「君の名は。」ですが、気がつけば189億ですよ、189億。

いつの間に二倍になったんだ・・・と思いました。

たしか先週のウィークリーでもいまだに1位でしたし、勢いが衰えそうにないですね・・・

ニュースによると、「もののけ姫」を越えるのは確実とのこと。

ははーん、ところでもののけってどのくらいなのだろうか。

いまはいったい何位なんだろう?

ちょっと数字感がわからなかったので、ちょっと調べてみました!

日本の歴代興行収入でいくと、

1. 304億  「千と千尋の神隠し」

2. 196億  「ハウルの動く城」

3. 193億  「もののけ姫」

4. 173.5億 「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」

5. 155億  「崖の上のポニョ」

となるようですねー

ってことは、「君の名は。」は、現時点で第4位ということになりますね!

ははー、すごいですね、これは。

もののけ越えが確実だとすると、これは200億行きますね。

邦画の歴代2位となるわけですね、「君の名は。」

思ったよりもすごくて笑ってしまいました 笑

ここまでくるとは、ってのが正直なところですね。

今回調べてみて改めて思ったのは、「千と千尋の神隠し」は化け物ってことですね。

圧倒的ですもんねー、文字通り桁が違います。

「君の名は。」 なぜこんなに売れる・・・

「君の名は。」はジブリを越えてきているわけですが、今回やっぱり気になったのが、ジブリとの違いですよね。

両方大きく売れているわけですが、客層が全く違うわけなのです。

君の名は - 若い世代(カップル)

ジブリ - 子供+家族

つまり、ジブリの方は家族単位で顧客をゲットできるので、「君の名は。」に比べると客の1単位が大きくなりますよね。

ジブリの方が有利ってわけです。

でも、「君の名は。」はジブリに肉薄するどころか、追い越しています。

ジブリの時代よりも映画を見る人が減っているのにもかかわらず、です。

一体全体、この馬力はどこからくるのかというと、どうやらリピーターのようですね。

同じ人が何回も来て、何回もお金を落としてくれる。

素晴らしいですよね。

多くの人が見に来てくれなくても、一定数の人が回転してくれれば、売上的には同じことですもんね。

映画を見る人の絶対数が減ったとしても、この構造を作れるならば、全く持って問題ないわけです。

これからの時代はこういう映画が主流になるのかもしれませんね。

いかに多くの人に見てもらうか、ではなく、いかに何回も見てくれるリピーターを獲得するかっていう流れになるのかもしれません。

もう、なってるんですかね。

まとめ

まぁ、色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

何が売れるかわからない

ってことです。

映画が売れないだのなんだの言われている時代にもかかわらず、歴代2位の数字を出す映画が出てくるわけですからね。

何が起こるかわかりませんねー

本当に面白いですね。

悲しさもありますが。