2016年 私的面白かったアニメランキングTOP10

2016年ももうそろそろ終わるので、忘れないうちに今年面白かったアニメTOP10をまとめておきたいと思います。

あ、私的ランキングなので、ソースは私です。

あしからず。

それでは、ランキングスタートです!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

10位.くまみこ

巫女の「まち」とクマの「なつ」が織りなす田舎コンプレックスコメディ。

とりあえずまちちゃんがかわいい。

それだけです。

あと、私はこのアニメで「しもむら」もとい、「しまむら」が好きになりました。

最後に炎上したのが記憶に新しいですね。

色々と楽しめるアニメです、色々な意味で。

おすすめです。

9位.ドリフターズ

歴史上の人物が異世界で戦い合う、ファンタジー合戦コメディ。

主人公が歴史の教科書に出てこない人物なのがポイント高いですね。

やっぱり歴史上の人物が出てくるとなんだかオールスターそろい踏みって感じで興奮しますね。

この作品は時代も地域も関係なく色々な人が出てくるので、よりその感じが強い気がしますね。

独特な雰囲気の作品なので、そこも楽しんでいただければと思います。(『ドリフターズ』(DRIFTERS) なんだろう、あの雰囲気は・・・

おすすめです。

8位.甲鉄城のカバネリ

ゾンビと人間のハイブリッド・カバネリが活躍する、ゾンビアクションアニメ。

最近では珍しい、ちゃんとゾンビと戦うアニメでしたね。

オリジナルアニメだったので、どうなるのかなーなんて思って見てました。

それにしても、1話が素晴らしかったですね。

このアニメの瞬間最大風速でした。

あんまり大きな声では言えませんがね。

おすすめです。

7位.ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

あのジョジョシリーズの第4部作、スタイリッシュアクションアニメ。

登場するスタンドが洋楽の名曲集みたいな感じなので、スタンド名で検索すると幸せになれる名作。

漫画を読んだことのない人でも知っている名シーン、「だが断る」は必見。

昔、漫画を読んだことがあるので、あーこんな感じだったなぁと思いながら楽しめました。

でも、キラークイーンはもっとかっこよかったと思う。

おすすめです。

6位.機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

珍しく予備知識がなくても楽しめる機動戦士ガンダムシリーズ、ロボットアクションアニメ。

主人公がいままでと一線を画す悪魔系主人公。

自身が搭乗するガンダム・バルバトスと悪魔の儀式を行いがち。

個人的にはバルバトスのデザインが好きです。

バルバトスさんまじバルバトス。

今では珍しく長い(全51話予定)ので、ご注意されたし。

おすすめです。

5位.91Days

復讐に生きるマフィアを描く、サスペンスアクションアニメ。

サスペンス+オリジナルアニメなので、最後までどうなるかわからず楽しめました。

容赦のない主人公の姿勢がよかったです。

個人的にはOPが最高に雰囲気だしていて、ぴったりだなーと思いました。

イントロだけですけど。

全体的に雨の雰囲気がよかったですね。

おすすめです。

4位.機動戦士ガンダムUC RE:0096

前の作品を知らないと難しい、平常運転な機動戦士ガンダムシリーズ、ロボットアクションアニメ。

何しろ音楽がよかったですね。

あの澤野弘之さんを一躍有名にしたというだけあって、音楽のクオリティは半端じゃないです。

あと、ガンダムのユニコーンがかっこいいです。

白塗り状態でもかっこいいのに、頭ぱっかーんして光り出すシーンなんか震えましたね。

途中よくわからないシーンがあったのはご愛嬌。

おすすめです。

3位.この素晴らしい世界に祝福を!

女神を携えて異世界に転生した主人公を描く、異世界ドタバタコメディ。

異世界転生ものの割には、割とリアルな生活を描く。

しかし基本的にコメディなので、明るく楽しく、むしろそこがよかったりする。

女神様だって完璧じゃないんだよ、ということを教えてくれるアニメ。

でも神様なのに、そんなことって・・・あれ、神様って・・・

と、宗教哲学に触れることができたりします。

考えたら負けです。

おすすめです。

2位.NEW GAME!

ゲーム会社でのお仕事模様を描く、日常系ほのぼの社畜アニメ。

新入社員にも関わらず、初日から22時を軽く過ぎてからの退社という厳しい世界の中で、明るく健気に生きる主人公に胸を打たれた人は多いはず。

かくいう私もその一人です。

一週間の癒しでした。

でも、ブラックはダメ。ゼッタイ。

「今日も一日がんばるぞい」は名言。

おすすめです。

1位.僕だけがいない街

タイムリープできる主人公が事件の解決を目指す、サスペンスアニメ。

最高に面白かったです。

ハラハラドキドキしながら、毎週毎週とても楽しみでしたね。

演出も素晴らしく、文句のつけようがありませんでした。

最終回のCM前後のシーンを除いて。

人間って、やっぱり現実的なんですね。

「したっけ」は今年交わしたい挨拶№1でした。

正直、断トツの1位です。

本当におすすめです。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと

一年って早いね

ってことです。

今回、どれが面白かったかなーなんて作品を探していたら、あれこれ今年の冬クールだったっけ!?とか割とありましたね。

時間が過ぎるのは本当に早いですね。

来年もあっという間に過ぎていくのでしょうか。

来年も楽しいアニメに出会えることを願って。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする