Clean Bandit – Rather Be ft. Jess Glynne

さて、今回お届けする名曲は、

「Clean Bandit」 – 「Rather Be」

です。

いやー、名曲ですよね。

グラミー賞のベストダンスレコーディングを獲得したのは記憶に新しいですね。

PVが日本で撮られているんですが、外人が撮った日本らしさって感じで不思議な感じがしていいんですよねー

PVにはところどころにバンドの模様が出てくるので、そこらへんも楽しみながら見てもらえるといいのかなと思います!

内容は、うん、謎です。

そんなPVはこちらから

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

Clean Bandit

「clean bandit」はイギリスのバンドなのですが、特徴的なのはそのサウンドでしょう。

EDMとクラシックという唯一無二のサウンドはたまらないのです。

こんなに弦楽器とEDMが合うとは思わなかったので、素晴らしい発見でしたねー

心地よく、それでいてかっこいい。

本当に素敵なバンドです。

最新曲「Rockabye」はクリスマスチャートで1位を取るなど、まさに進化を続けていると言えるでしょう。

ちなみに、クリスマスチャートってのは、クリスマスが入っている週のチャートのことで、かなり注目を集めるんだそうな。

やっぱりキリスト教徒の多い国では、クリスマスってのはかなり影響が大きいのかもしれませんねー

クリスマスって、日本と海外の捉え方がだいぶ違う気がします。

バブル時代の各企業の利益を追求したイメージ戦略が、かなり深い影を落としていると言えるのかもしれません。

キリスト教徒でない限り、クリスマスという文化がどういうものであるか、本当のところはわからないわけですが、それにしても日本のクリスマスはなぁと思ってしまいますね。

ちょっと話がそれましたね、すみません。

バンドの話に戻りますが、実はメンバーのほとんどはケンブリッジ大学の出身なんですよね。

かっこいいですよね。

勉強だけじゃない、その姿勢。

本当に頭がいい人たちは、何でもできるのかもしれませんね。

いやー、最近メンバーが脱退してしまったのが残念でしたが、これからの活躍、ますます目が離せませんね。

それにしても本当にイギリスは音楽のレベルが高いですよね。

素晴らしい音楽文化だと思います。

水準の高さたるや、圧倒的だなと感じざるを得ませんね。

最近のいい音楽はほとんどイギリスからじゃないですかね?

音楽先進国だなーと思うのです。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと

最高

ってことです。

この曲は本当にいいですよね。

温故知新というんでしょうか。

これからもどんどんこんないい曲が出てきてほしいなと思うばかりですね。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする