chromeのURL表示が変わったけど、「http」と「https」はどっちがいいんだろうか

いつものように、ネットサーフィンをしていた時のこと。

さーて、検索しようかなーと思って、URLバーに検索ワード打ち込もうとしたのですが・・・

!?

URLバーに、なんか書いてある・・・!

chromeのURL表示が、変わった・・・?

保護された通信って何ぞ・・・?

そうなんです、URLバーに「保護された通信」って書いてあったんです。

えー、何これーと思って調べたところ、URLの始まりが「https」から始まるページだと、この文言がでるようになったみたいですね。

それで、「http」から始まるページだと、それが出ないんだそうな。

試しにいくつかページを見ましたが、「http」のページの方は、URLの頭にびっくりマークが出ましたね。

それで、そのびっくりマークをクリックすると、「このサイトへの接続は保護されていません」なんてことが書いてありました。

ほほー、なるほど、なるほど。

chromeのアップデートでここら辺の表示が変わったわけですねー

今までそんなに意識してませんでしたが、そんな違いがあったとは・・・

接続が保護されていないってなんだか怖いですよね。

そもそも、「http」とか「https」て、何なんですかね。

そもそも「http」とか「https」とか何・・・?

「http」ってのは「HyperText Transfer Protocol」の略で、一言で言うと、データをやり取りするときのルールみたいなものらしいです。

これがついていると、きちんとデータのやり取りができて、ページをブラウザに表示できるというわけですね。

そんな「http」を使って、私たちは情報をやり取りしているわけですが、情報をやり取りしている以上、誰かに盗み見られる可能性があります。

そこで登場したのが「https」というものです。

「https」はやり取りするデータを暗号化したり、通信する相手と証明書を送りあったりすることで、安全にデータをやり取りできるようにしたのです。

つまり「http」のセキュリティ強化版が「https」というものなわけですね!

今では、ネットで個人情報を入力することは日常茶飯事です。

個人情報を入力しないまでも、個人情報がたくさん入っているデバイスでインターネットに接続しています。

ネットでのセキュリティ、個人情報の保護という観点からも「https」の需要は高まってきているというわけなのです。

そのこともあって、googleは以前から「https」の推奨を行っていたりします。

なんだか「https」ってかなり大事かも、と思ったんですが、さすがにいいところばかりじゃないよなーと思ったので、ちょっと調べてみました。

「https」のメリット・デメリット

メリット

  • ページの表示速度UP
  • 信頼度の上昇
  • SEOの向上

デメリット

  • お金がかかる
  • 広告収入が下がる、らしい

調べたところ、どうやらこんな感じでした。

「https」を導入するには、「SSLサーバー証明書」を手に入れなければならないので、そこでお金がかかる、というわけですね。

総評すると、

「https」化は、サイト自体の安全性、信頼性の向上により検索結果に引っかかりやすくなるだけでなく、ユーザビリティも上昇するが、コストがかかるだけでなく、広告収入も減る可能性がある。

といったところでしょうか。

つまり考えるところは、導入コストに見合うだけの価値があるかどうかってところですね。

うーん、悩ましいところですよね、お金がかかるので。

どうしようかなーと考えた結果、私は以下の結論に至りました。

ここから先は私の意見なので、あしからず。

長い目で見れば、絶対に「https」にした方がいい

そうです、私の結論は「https」にする、というものです。

googleがこれだけ推し進めているとことを考えるに、これからはサイトをきちんと「SSL化」しているかどうかってところが、かなり検索順位に影響してくるはずだと思うからです。

今はまだ検索されて上位に来ているサイトも、「https」でないからという理由でセキュリティ上の観点から表示されなくなるかもしれません。

危険なサイトだと、はじかれる可能性もあります。

なぜなら、これからインターネットがどんどん生活に浸透してくるからです。

サイバー攻撃を受けたら、情報を盗まれる程度では済まなくなるかもしれません。

もしそうなったら、少しでも脅威を排除しようとすると思うのです。

これからは今よりもさらに安全や安心について問われる時代になると私は思います。

googleの人たちは頭がいいので、少しずつ準備を始めるはずです。

その始まりが今回の表示切替だと私は思うんですよねー

これから、きちんとセキュリティに対して取り組んでいきますよっていう姿勢が見て取れたなーと。

検索結果に表示されなかったら、そもそもはじかれてしまったら、ページを見てもらうことすらかないませんからね。

ちょっと話が先に進みすぎかもしれませんが、そんなこんなで、私はサイトを「https」にすることを決めたのでした。

「https」化の模様はこちらから(SimplicityのURLを「http」から「https」にする(Xserver)

まとめ

まーそんなこんなで色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと

セキュリティって大事

ってことです。

最近本当に感じますね、セキュリティの大切さ。

何がってわけじゃないんですがね。

色々とニュースを見ていて感じますね。

ちょっと考えていかなきゃいけないなーと思いましたね。

とりあえずは、サイトの「https化」をしたいと思います。