リトルウィッチアカデミア 第2話 希望の蝶

ついにきましたね、第2話。

今週もとてもいいお話でしたね。

そして、OPとEDが初めて流れましたねー

歌はとりあえずおいておいて、どちらも素晴らしい映像でした。

特にEDは凄まじかったですね!

あのEDのエフェクトはなんなんだ!?

いやー、エンディング始まって度肝を抜かれましたね。

なんなんですか、あのアニメーションは・・・

すごすぎませんかねぇ・・・

水が流れるような美しい動きにすっかり魅了されてしまいました。

はじけるところなんか、最高でしたね。

色使いも抜群でしたしね。

音楽にもぴったりあってましたし、思わず固まってしまいましたよ・・・

どうしたらあのような動きを思いつくんですかねぇ・・・

本当に見ていて美しく、気持ちのいい動きでした。

ED見ていると絵コンテのところに「吉成曜」さんがクレジットされていました。

なんだか納得してしまいました 笑

「吉成爆発」は有名ですからねー

やはり、エフェクトのうまさやセンスは尋常じゃないですね、このお方。

まったくもって、脱帽です。

個人的に好きなシーン

まずは、魔法学校の授業シーンですかね。

すごく楽しそうで、退屈そうで、見ていて微笑ましかったですね。

とてもいい雰囲気でした。

空気感が本当によかったですね、いい時間の流れかたをしていましたね。

あとは、あっこが魔法の披露に失敗して、しょぼくれた顔をしているシーン。

顔がよかったですねー、本当に。

しょぼくれたときの顔の崩れ方が悲しいんですが、和みましたねー

うまいですね、デフォルメ!

ついでに石像が動くシーンもよかったですね。

あの迫力はすごかったですねー

あの迫力ある動きからの草抜き。

よかったですねー

やっぱり、キャラクターがいい

やっぱり、キャラクターがいいですよね。

ダイアナ、いい子ですよね。

最初は高飛車系かー、なるほどなー、嫌な奴なんだろうなーとステレオタイプに当てはめていたんですが、そんなことなかったですね。

あっこが失敗したシーンでも笑ってませんし、魔法のできないあっこを下に見ていませんし、馬鹿にしていませんでした。

決して、馬鹿にしようと、自分の力を誇示しようとしてあっこに絡んでいるわけではありません。

自分の誇りと、信じるもののために、間違っていることは間違っていると指摘しただけなのでしょう。

だからこそ、見ていて嫌な気持ちにならないんだと思います。

あっこもダイアナもどちらもまっすぐです。

方向性が違うだけであって、まっすぐですよね。

自分の信じているものに正直です。

かっこいいですよね。

本当にかっこいいです。

取り巻きがひどいので、より際立ちますね、かっこよさが。

あのように、ありたいですね。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

なぜあの時間帯の放送なんだ?

ってことです。

今週も楽しく見れました。

作品の持つあの雰囲気、空気感、素晴らしいですよね。

なんで深夜帯なんですかね。

全くもって信じられません。

子供に見てほしいんですけどねー

あのようなものを、子供に見せるべきだと私は思うんですがね。

見てほしいです、子供に。