「この素晴らしい世界に祝福を」2期スタート! あれ・・・なんか違和感が・・・

ついに始まりましたね、このすば第2期!

いやー、楽しみにしていたので、本当にうれしいです。

なんたって、このすば第1期は2016年 私的面白かったアニメランキングTOP10において、なんと堂々の3位でしたからね!

待ちに待った第2期と言っても過言ではないのです。

なので、私は期待に胸を膨らませながら視聴しました、第2期を!

あれ、なんか違和感が・・・

見始めたはいいものの、不思議なことになぜか違和感が・・・

何でかなーと思ったら、キャラデザでした。

第1期とちょっと変わっているんですね・・・

あれ、1期と2期で制作会社変わったのかな?

と思って調べてみると、どうやら変わらず、スタジオディーンさんが作っている模様。

ということは確信犯なわけですね!

第2期は少し絵柄を変えてみよう的な。

1期とはスタッフを変えて制作されているのかもしれませんねー

いやー、1期と2期で絵柄が違うことって結構ありますよねー

この差、どうなんですかねー

どっちもどっちだよね

連続して作らないので、このような差が出るわけですが、いいところと悪いところがありますよねー

いいところは、同じ作品でも新鮮味を持って作品に触れられるといったところでしょうか。

絵が違うとキャラクターの色々な顔が見られていいですよねー

悪いところは、前作と違うのでのめり込みにくい、といったところでしょうかね。

1クールも見ると、キャラクターの絵に愛着もわきますし、そのキャラクターのイメージも固まってきます。

それを覆されると、このキャラクターはそんな顔じゃない!ってなってしまいますからね。

拒否感が募って、視聴するのに気分が乗らなくなる、なんてのはよくあることだと思います。

個人差や作品差があるとは思いますが、私的には、正直差が出るのは反対ですね。

同じ物語は同じ絵で見たいというのが正直なところです。

絵が違うと違和感があって、あまり集中できないんですよねー

何か違うなーと思ってしまうのです。

まとめ

まー色々書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと

個人の好み

ってことです。

どっちがいいかなんてのは個人の好みですからね。

そんなに深く考えなくてもいいのかもしれません。

しかし、途中で変えることによって、その物語は作り物だよ、誰かが作っているんだよ、という感じを強めてしまうことは感じてほしいなと思います。

感じているのは私だけかもしれませんがね。

ちなみに、声優さんも演技も差が出ていることってありますよね。

このすばも、すばるの声優さんの演技と声が特に、1期と比べて浮いてました。

声優さんも久しぶりなのでしょうがないですね。

このことについても、同じことが言えると思います。

長所と短所は表裏一体ですね。

しかし、3話あたりでやっと1期の雰囲気を感じられたので、勘を取り戻してきたのかなと思ったり。

さすがプロですねー

さて、アニメは今後どんな展開になるんでしょうか、楽しみですね。