AIがあなたの好みに合わせて作曲! 大阪大学研究グループが開発!

いやー、やりましたね、大阪大学。

さすが優秀な頭脳が集まりますね、素晴らしい大学には!

やはり日本でも進んで来ましたね、人工知能の音楽分野への進出が!!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

今回の研究はこんな感じ

大阪大学のグループが開発したのはヘッドホンとセットになったAIなんだそうな。

手順はこんな感じ。

まず、10曲程度をこのヘッドフォンで聴くと、ヘッドホンに装着された測定器が脳波をAIに送信する。

そのデータをAIが、どの曲でどのように脳波が動いたかを分析し、曲ごとにその人の感情の動きを特定。

その分析結果から、その人の気分に合わせてその人に合った曲をAIが自動的に作曲してくれるものなんだそう。

実験結果では、参加者からは概ね好評だったようです。

200人~300人規模の実験ということで、まあまあ信憑性はありそうですね!

今回の研究のポイントは、脳波からその人がいま求めている曲を探して、それを作曲できるということですかね。

個人差に合わせて作曲できるという点が、今までとは異なる点でしょうか。

気分に合わせて作曲するAI(Brain.fm など)は今までもありましたが、個人レベルの好みに合わせて作曲できるAIは初めてなんじゃないでしょうか。

ちなみに、AIの作曲についての詳細はこちらをご覧くださいな。(AI(人工知能)が作曲した曲のまとめ

いやー、すごいですね、ここまで来るとは・・・

個人個人に合わせて作曲できるとなると、従来のものに比べて、かなりヒーリング力が高そうですよねー

ここまで進化してきたとはおそろしい限りですね!

権利って、どうなるんだろう

ふと思ったんですが、権利ってどうなるんですかね、楽曲の。

今までだったら、AIが勝手にやっているだけなので、楽曲の権利は開発側が全権を握ってますよね、当然のごとく。

しかし、今回のケースはそういうわけにはいきません。

なぜなら、個人の脳波のデータが混在しているからです。

個人の脳波のデータがあって初めて世に生まれた曲となると、その人に権利が発生しそうな雰囲気になりませんか?

私は素人なので詳しいことはわかりませんが、なんだかそんなこともあり得るんじゃないかなーと思ってしまいましたねー

正直、最近はAIをはじめとした技術の進歩が速すぎて、行政が全く追いついていない感じがあります。

もうちょっと効率よくスピードを上げていかないと、本当に間に合わなくなるときが来るんじゃないですかねー

でもま、政治家におじいさんしかいないことを考えると・・・

お察しですね。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

AIきてる

ってことです。

今までのAIは全体に向けたものが多かったですが、最近はどんどん個人レベルのものが出てきてますよね。

より狭く、深く、といったところでしょうか。

無限学習により専門化することは、AIの得意分野ですからね。

全体性と個別性。

これからはどうなるんでしょうね。

楽しみです。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする