リトルウィッチアカデミア 第4話 あなたにしかできないこと

今週も4話の放送が終わりましたね!

今回はなんとロッテが中心の回でした!

いままで見ることのできなかったロッテの素顔が見れましたねー

今週も思ったところを書いていきたいと思います!

今回の好きなシーン

今回の目玉はナイトフォールについて語るロッテで文句なしでしょう!

ナイトフォールについて熱く語るロッテはとてもかわいかったですね!

新たな彼女の一面が垣間見れてよかったです。

やっぱり好きなものについて語る姿は素敵ですね。

なんだかこの回を見て、あっことロッテが仲良くなったわけがわかった気がしました。

どちらも強烈に好きなものがあって、それに情熱を全力で傾けている。

そんな性分が二人を惹きつけたのかなと。

根っこの部分では似た者同士なのかもしれませんね。

あとは、補修に来たアーシュラ先生でしょうか。

相変わらず先生もかわいいですよねー

教室に補修するのを楽しみに来た先生が誰もいないことに気づいたときの間抜けな声と言ったら・・・

たまらなかったですね。

たまらないと言えば、アナベルを探しているときのスーシィも相変わらずでよかったです。

ぶれないですよね、スーシィ。

本当に好きなキャラクターです。

これを見ると、アッコとスーシィも仲良くなったわけがわかりますね。

2人とも本当にわが道を行きますよね。

周りを気にせず、わが道を行く。

よく似ています。

これからもわが道を行ってほしいものです!

残念だったところ

今回残念だったところは、お話の展開ですね。

テンポの良さが魅力的なリトルウィッチアカデミアですが、今回はちょっと話の展開が雑だったなーと感じました。

話の流れが唐突だったり、間が悪かったり、後半酷かったですね。

詰め込みすぎ感がありました。

ロッテがペンを貰ってからの話の展開はちょっと雑でしたね。

テンポがいいのと雑なのは違うんだけどなーもったいないなーと思いましたね。

そこが残念でしたねー

もう一つはEDの挿絵でしょうか。

前回、お話に関連する挿絵がデフォルトバージョンと何枚か入れ替わっていて、とてもいいなーと思っていたのですが、今回はなかったのでかなり残念でしたね。

後半尻すぼみだったので、これを楽しみにしていたのですが、期待をしてしまっていた分、落差があってショックでした。

来週は挿絵が復活してくれるといいなーと思います。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと

好きって素晴らしい

ってことです。

ロッテのあの熱意は素晴らしいですよね。

365巻、いったい何回読んだのでしょう。

好きなものがあるのはいいことですね。

おばあちゃん先生もすごかったです。

年をとっても、好きなことに本気で夢中になれるのは素晴らしいですよね。

本当にいいキャラクターばかりです。