railsで「Bootstrap」使ってみた感想 詰まったところ

最近、暇を見てはrailsでぽちぽちと作業をしているのですが、今回初めてあれを使っちゃおうかなーと思いました・・・

そう、「Bootstrap」です!!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

「Bootstrap」

「Bootstrap」知らない人はいないんじゃないかなと思うくらい有名ですよねー

Twitter社が提供しているフロントエンドWebアプリケーションフレームワークですね。

HTMLやCSSを知らない人でも、きれいなレスポンシブのサイトが作れちゃう!!

ってのが触れ込みのようです。

うーん、実に魅力的ですよねー

特に魅力的なのが、簡単にレスポンシブサイトが作れちゃう的なところでしょうか。

簡単にそれらしく作れてしまうなら、それに越したことはないですからね。

ですが、実は、いままで避けていたんです「Bootstrap」。

何故かって言うと、ブラックボックス化してしまうからですね。

あと、使わないものが多いので、その分重くなるんじゃないかなと思ったからです。

でも、前からどんなもんなのか気になっていたので、そんなに簡単に作れるんなら、ちょっとやってみようじゃないか!と、今回使ってみようと思ったのでした。

なぜかスマホ対応にならないんだが・・・?

意気揚々と使い始めたはいいものの、さっそく詰まりました、スマホ対応で。

そうなんですよね、なぜかならないんです、スマホ対応。

自動的になるはずなのに、ならない・・・

おいおい、ちょっと待ってくれよ・・・

簡単にスマホ対応にしたいがために使おうと決めたのに、なんでだよ・・・

と嘆き悲しみながらGoogle先生に聞いてみた結果、headに下のを追加しなかったのがいけなかったみたい。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

これ入れたら上手くいきました、反省。

いやー、本当によかったです!!

使ってみた感想

一言でいえば、かゆいところに手が届かない、といったところでしょうか。

どのクラスがどのようなCSSをもっていて・・・というのを調べるのにも時間がかかりましたし、結局いい感じにさせたくて、自分でCSS追加して、調整して・・・

ということが多かったので、手間を考えると思ったよりも楽ではなかった印象ですねー

使いこなせていない感も半端じゃなかったですし、結構詳しくないと恩恵を受けるのは難しいかもと思いました。

「Bootstrap」ありのままのスタイルでも大丈夫!って方は、そんな詳しくなくても恩恵を受けられると思いますねー

まー結論としては、私は次からは「Bootstrap」を使わずに、自分でコーディングするかなーといった感じですね。

やっぱり力不足でどうしても「Bootstrap」らしさが出てしまいますし、思ったよりも時間の短縮にならなかったので。

ガリガリ書くのは大変ですが、全体を把握できるというメリットの方が私には魅力的でしたね。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

使ってみないとわからない

ということです。

今回初めて使ってみましたが、やっぱり使ってみてわかることってありますよねー

最初のうちはおお!!となることも多く、使ってよかったーと思っていたんですが、作業を進めるにつれて、スタイル変更しても思ったように変わらないなーと悩むことが増えましたね。

力不足を痛感するとともに、奥が深いなーと思いました。

今回使ってみて「Bootstrap」の魅力も実感しましたし、良さもデメリットも感じることができました。

素人なりに、ですがね。

やってみるって大事だなーと思ったのでした。

細部や構成にこだわらなくていいサイトなら、また使いたいです、「Bootstrap」。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする