リトルウィッチアカデミア 第9話 思いやり

今週も放送が終わりましたね、リトルウィッチアカデミア!

とても楽しかったですねー

今週はハイテンションなドタバタ回でしたが、このような明るくてテンポのいいお話はとても相性がいいですね!

それでは、今回の良かったところを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

今週の良かったところ

今週のMVPはなんといってもスーシーでしょう!

スーシーの一言一言がとても物語のテンポをよくしていましたね!

ちょっと気が抜けつつも、毒を吐くあの感じ・・・

脱力具合が絶妙でしたねー

早く追いかけなくていいの?

と言っておきながら自分はゆっくり歩き、ところによっては先回りして遅いよと言ってみたり、自由奔放、やりたい放題な感じが最高でしたねー

特に、最後の「おじさんちょっと吸い込んだかも・・・」

は最高でしたね、思わず笑ってしまいました。

あの感動的な場面で、それを言える、その素直さ。

本当にいいキャラしてますよねー

そのあとのロッテの「スーシー・・・」

もよかったです。

本当にいいバランスの3人だなと思いました。

作りが丁寧

やっぱり今週見ていて改めて思ったのは作りが丁寧だなーということですね。

今回の肝は校長先生だったわけですが、最後にいきなり登場させるんじゃなくて、きちんと冒頭に顔を出させて、会話に少し含みを持たせる。

そして中盤でそれとなくわかるようなヒントをちりばめて、物語のオチを違和感なくすっと落ち着くように話を展開する。

きちんとやっているなーと思うわけです。

察しのいい人は写真を見た段階で確信することでしょう。

あの赤ちゃんの髪の毛、緑でしたからね。

その後もアーシュラ先生と校長先生の会話を入れたりすることで、どんどん謎解きを進めて行きます。

見ている人を引き込ませて、オチの前になるほどね、そういうことか!と思わせる。

実に丁寧な仕事ですよねー

ミステリー小説のように、最後にどんでん返しをする必要はこの作品にはないし、そのような雰囲気はこの物語に即さない。

どのようなテイストがこの作品に合っているか、それをきちんと考えながら作っているなーと思いましたね。

素晴らしい仕事ぶりだなぁと感じました!

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

校長先生いい人

ってことです。

あんな先生に出会いたかったものです。

やっぱり、苦労しているからですかね。

あれだけ人として魅力的に映るのは。

学生時代に一人になったら、普通心が折れてもしょうがないと思います。

でも、校長先生は前を向いて、先に進みました。

前を向くにはとても色々なことを考えたと思いますし、とても大変だったことでしょう。

辛いときに色々と考えたことで、人としての厚みができたんでしょうね。

考えるって大切だなと思います。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする