Google MAP ついにあの悩みを解決・・・!

みなさん、人生で一度は悩んだことがあるでしょう。

そう、駐車場どこに停めたかわからない問題です。

これ、深刻ですよね。

あれー、ここに停めたはずなのに・・・

と重い荷物を持ちながら車探しに奔走した悲しい経験は、多くの方に共通することではないでしょうか。

しかし、Google先生がついにやってくれました。

この問題に解決策をもたらしてくれたのです!!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

Google MAPに駐車位置の記録が可能に

そう、Google MAPに駐車位置を記録することができるようになったのです!

素晴らしいではありませんか!

これで、迷う心配もなく、思う存分買い物ができるというわけですね!

使い方はとっても簡単で、車を降りるときに、Google MAPに位置を記載すればそれでOKというもの。

手動でやらなければいけないので、油断して忘れてしまうと大惨事になってしまうこと確実ですが、忘れなければ問題なしです。

忘れなければ。

というわけで、長年の問題に終止符が打たれたと思ったのですが、新たなる疑問が・・・

GPSの精度って・・・

そうです。

それは、GPSの精度って、お察しじゃない・・・?

ということです。

GPSの精度って、お察しじゃないですか。

大事なことなので2回言いましたが、つまりそういうことです。

駐車位置を記録します、駐車場に戻ってきました、ここはどこ?

となる可能性が否定できないわけです。

最初に記録したGPSの場所が間違っていたら、永遠にたどり着けなくなってしまうという恐怖をはらんでいるというわけですね、このシステム。

最近はGPSの機能もあがってきていますが、あああああああ!!!!と、ポケモンGOをやりながら感じた人は多いと思います。

ポケモンGOならば、何か知らんとこ走ってる、タマゴ孵化の歩数稼げてラッキー!と思うかもしれません。

ですが、駐車場の例にとっては致命傷であると思うのです。

GPSのずれは、破滅への一歩となってしまうということを肝に命じて使う必要があると思いましたね。

記録する前に、必ずGPSがそれなりの場所を示しているか、それを確認する必要があるでしょう。

地下駐車場や、立体駐車場はGPS届かないかもしれませんからね。

きちんと画面を見てから記録する癖を付ければ、この機能と仲良くやっていけるかもしれませんねー

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

万能なものはない

ってことです。

Google先生はとりあえず現状の問題に解決策を提示してくれますからね。

とんでもないありがたさです。

しかし、かのGoogle先生といえども完璧ではありません。

ほぼ完ぺきですがね。

Google先生だから大丈夫だろうと使うのではなく、きちんとそのサービスの仕組みを理解し、本質を理解したうえで使うことができれば、Google先生のサービスがよりよいものになるんじゃないかなと思っています。

使う側の意識も変わっていかなければいけないのかなと思ったり。

これからも革新的なサービスを期待しています、Google先生!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする