鉄血のオルフェンズを見終わって・・・【感想】

遅ればせながら、最近「鉄血のオルフェンズ」の最終話を見たので、オルフェンズの感想について書いていきたいと思います。

賛否両論あるけど

色々なところで様々な感想を見ましたが、実に賛否両論、どちらかというと否のほうが強い感じですかね。

出演声優さんの批判のような意見もあって、割と否の方に偏っているように感じます。

ですが、私としては、正直いいエンディングだったと思います。

終わり方が、現実的でよかったな、と。

巨大な権力、政治力、その他たくさんを含めて、現実的な物語の進み方だと思いました。

個人的に感動したのは、ラスタルの対バルバトスへの対応でしたね。

普通だったら、ガンダムにはガンダムで・・・とか、そういう展開で進みがちなところですが、そこをきちんとあのようなやり方で決着をつけるあたり、本当によかったですね。

終わり方にすごくみなさん否定的な意見でてますが、個人的には終わり方よりも、鉄華団が崩れていくときの流れの方が気になりましたね。

今まで大きく進んでいた鉄華団が追い詰められていく様は、正直不自然というか、かなり強引な進め方だなと思いました。

タービンズのところなんか、おいおいおいおいって感じでしたからねー

まぁ、崩れていくときなんて現実でもあんな感じなのかもしれませんが、なんだかなぁと思ってしまいましたね。

バルバトスまじ悪魔

最終回で唯一心残りといえば、ミカ&バルバトスの本気が見られなかったところなんですよねー

最後は本気出して、敵を殲滅する姿を見たかったです。

あの終わり方はバルバトス好きな私からすると、もっと後にしてよ・・・

という感じでした。

最後、ボロボロになった姿で敵を倒していく様は本当に悪魔的でしたね。

バルバトスは強さというよりも、悪魔らしさが先にあって、強さが付随しているような形だったように思います。

前提として、悪魔のような恐怖、そして不安感があるな、と。

パイロットも含めてですがねー

だから好きだったんですよね。

ただ強いだけじゃなくて、その根源がいいなと。

もちろん、圧倒的に強いは強いですよ。

でも、強いだけじゃなくて、なんというんでしょう、あの禍々しさ、あの何とも言えない不気味な雰囲気がバルバトスというガンダムの根幹だなと、魅力だなと思うんですよね。

そんなわけで私はバルバトスが好きだったのです。

本当にかっこいいガンダムでした。

しびれました。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

現実は甘くない

ということです。

鉄血のオルフェンズは、主要人物ガンガン死にましたが、きちんとフラグを立ててくれるので、わりと親切な作りだったかな、と。

それと同時に、容赦なく人が死ぬところよかったですね。

正直、ビスケットとオルガは死ぬと思ってなかったです。

あと、ラフタはショックでした。

それにしても、よくも悪くも現実的でしたねー

クーデターの成功する確率を考えれば、ああなるのもやむなしです。

ですが、みんな生き残って幸せになってほしかったと願ってしまうのは、不思議なものですね。

感情、難しいです。