「攻殻機動隊」最新アニメ制作決定!!

最近、また熱いですよね、攻殻機動隊。

実写映画の影響が大きいですね、これ。

残念なことに実写映画は爆死しているらしいのですが、そんな攻殻機動隊に朗報が。

なんと、最新アニメの制作が決定されたようですよ!!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

神山健治×荒牧伸志

なんと、新アニメの監督は2人態勢。

いま流行のダブルスタンバイというやつです。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の神山健治監督と、「アップルシード」の荒牧伸志監督。

士郎正宗さんの原作作品をうまーくアニメ化してきたお二人が監督をされるということで、自然と期待が高まってきますね。

ちなみに、公開時期は未定とのことで、制作だけ決まったようですね。

個人的には、2018年の夏くらいかなーと勝手に思っています。

またタチコマに会えると思うと、ワクワクが止まりませんね。

そういえば、タチコマプロジェクトなるもの、みなさんご存知ですか?

タチコマリアライズプロジェクト

公式HP(http://www.realize-project.jp/projects/project-tachikoma/

ぶっちゃけ、どんなものかというと、「タチコマを再現しちゃおう」ってなプロジェクトだったりします。

私も詳しいことはわからないのですが、最近熱いようですよ。

AIもロボット工学も最近かなり発達してきてますからね。

近いうちに実現するんじゃないでしょうか。

それにしても、こういうのっていいですよね。

架空のものを現実にしようと技術の粋を集めて、全力で取り組む。

ロマンじゃないですか。

馬鹿らしいと言う人もいますが、私はそうは思いません。

むしろ素晴らしいことだと思います。

そういうロマンが固定観念を破壊し、新たな発想を目覚めさせるきっかけになると思うからです。

好きこそものの上手なれ。

なんていい言葉なんでしょうね。

どうしても、4次元ポケットを完成させたい、どこでもドアを完成させたい。

そういう思いが、現実を変えていくのではないでしょうか。

ロマンの開発、是非とも頑張ってほしいなと思いますね!

かなり話が脱線しましたが、未来には楽しみがたくさんというわけです。

早くタチコマに会いたいですねぇ・・・

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

タチコマかわいい

ってことです。

どうみても、ロボットじゃないですか、タチコマ。

ごついですよね。

どこぞの猫型ロボットのように、人間に近いわけでもなければ、コミカルな動きをするわけでもない。

共通点は体が青いところだけです。

でも、かわいいんですよね。

なぜでしょう・・・

不思議なんですよねー

しゃべるからですかね?

なぜあんなに愛らしいのでしょうか。

ふしぎです・・・

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする