【感想】リトルウィッチアカデミア 第21話 ありがとう

今週も放送が終わりましたね、リトルウィッチアカデミア!

序盤から不穏な空気の漂う展開・・・

わくわくしながら見始めました。

それでは感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

感想

まず初めに、衝撃でした。

アッコが英語を読んでいることに。

あれ、アッコの世界の母国語って英語だったかなーとか思いながら、読んでた本に何書いてあったか気になったので、文字に起こしてみました。

ちなみに、ところどころ欠けてたところは、補ってみました。

たぶんこれであってるはずです!

World’s greatest quotes

There is nothing like a dream to create the future.

Nothing makes a man so adventurous as an empty pockets…

Common sense is in spite of, not the result of education.

If you wish to understand what Revolution is, call it Progress….
if you wish to understand what Progress is, call it Tomorrow….

気になる方は、Google翻訳で、先生に翻訳してもらってください。

なぜなら私は英語が苦手だからです!!

さて、感想に戻りますが、アーシュラ先生本当にかっこよかったですね・・・

あんな先生に会いたかったです・・・

個人的に心配だったのが、来週以降アーシュラ先生魔法ちゃんと使えるかな?

ってことでしたね。

あの花粉は6つ目の言の葉の魔法で治癒したと信じたいです。

少しづつ、アーシュラ先生とクロワの関係性が描かれてきていますが、もう大体わかった感じでしょうかね?

最後の仲たがいの場面だけ描かれていないような感じでしょうか。

何だかんだで残すところあとわずかですし、怒涛の展開を期待してしまいますね!

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

誰を信じるかって大事

ってことです。

疑心暗鬼になりますよね、人間って。

ここぞ、というときに誰の言葉を信じるかって難しいですよね。

そういうときに思うんでしょうね。

この人なら、という人のありがたみが。

心から信頼できる人のありがたさが。

人間は追い込まれると、その人の本性が顔を出しますからね。

心から信頼できる人、ほしいですね。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする