『メアリと魔女の花』 そこは真似しなくていいんだよなぁ・・・

米林宏昌監督がジブリを離れてから初の長編アニメーション映画を公開します。

タイトルは『メアリと魔女の花』

タイトルからわかるように、魔女ものです。

『メアリと魔女の花』

この作品は原作ものですね。

オリジナルものではありません。

原作はメアリー・スチュアート (Mary Stewart) 『The Little Broomstick』

また、魔女もの+ジブリ出身監督の相乗効果で、作品の雰囲気が「魔女の宅急便」に似ていると話題になっています。

私の見た感じはそんなに似てるとは思いませんでしたけどねー

予告編出てるんで見てみてくださいな!

私の感想としては、色々と混ざってるなーという印象ですね。

魔女ベースにナウシカとかポニョとか混ざってるなーと。

小さい女の子が主人公のところとか、本当にジブリっぽさを感じさせますよね!

そこは真似しなくていいと思う

ジブリの作品って画のクオリティ素晴らしいですよね。

よく動くし、繊細で、タッチが柔らかい。

ものすごい力がかかってるなー、技術力すごいなーと、いつも思います。

だから、ジブリのやり方を継承するってのはとてもいいことだと思うんです。

ストーリーも当たり外れはありますが、売れているってことは世の中に受けているってことなんで、商業的な目線から見れば、継承するのはいいことだと思うんです。

でも、一つだけジブリ作品で継承してはいけないものがあるんですよね。

それは何かと言うと、声優です。

ジブリって、なぜか俳優さん使うじゃないですか、声優に。

挙句には素人まで主役に使う始末。

あれ、正直きついですよね。

上手な人はいいんですが、そうじゃない人がほとんどなので、違和感で作品に集中できないんですよね・・・

せっかくの作品が台無しだなーといつも思います。

一生懸命作った作品が、楽しんでもらえなくなるといつも思うんです。

その世界に入り込めるかどうかって、ファンタジー作品だとよけいに大切になってくると思うので、ジブリのこの声優システムは継承してほしくないなーと私は思うんです。

大人の事情があるってのはわかってます。

でも、そこは作品を大事にしてほしいなーと思うんです。

次こそは米林監督に期待です。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

楽しみ

ってことです。

なんだかんだ言っても、やっぱりファンタジーアニメーションってテンション上がりますよね。

夏休みは映画館でファンタジーアニメーションを見る。

想像しただけでテンションあがりますもんね。

7/8が楽しみですね!