「ワーケーション」とは・・・?どういう制度・・・?

JALさんがまたやってくれました。

今度は働き方改革です。

その名も「ワーケーション」!!

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

「ワーケーション」とは

「ワーケーション」は「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語です。

言葉のとおり、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた働き方なわけです。

つまり、どういう制度かというと、働く場所を選ばない、という制度なのです。

家であろうと、リゾート地だろうと、どこであっても働くことができる神制度、それが「ワーケーション」なのです!!

JALの場合だと、就業開始時・終了時に上長に電話で進捗状況などを共有すれば、出勤日として扱われるそうな。

これを使えば、朝から露天風呂に入りゆっくりした後、浴衣で仕事をはじめ、お昼休憩には卓球をし、夜は旅館で美味しいご飯を食べながら家族とゆっくり過ごす・・・

なんてこともできちゃうわけです。

世界的には「ワーケーション」という働き方は広まっているらしく、「ワーケーション」をターゲットにしたホテルなんかも増えてるんだそう。

うらやましい働き方です・・・

それにしても、本当にJALは覚醒してますね。

機内インターネット無料(JALの機内 Wi-Fi 完全無料化きたーー!!)でお客さんに優しくしたと思ったら、今度は「ワーケーション」で従業員に優しくする・・・

素晴らしい・・・!!!

ああ、これではまるでJALの回し者です・・・

よくよく考えたら、ほとんどない

よくよく考えたら、会社じゃないとできないことなんてほとんどないですよね。

今はインターネットのおかげで、どこにいてもつながることができます。

それなのに、いまだに会社に行って仕事をする、というのは非常にナンセンスの極みですよね。

移動時間、無駄じゃないですか。

移動するのって体力も使いますし、いいことないですよね。

ワークライフバランスを考えたときに、「ワーケーション」という働き方は必須だと思うんです。

基本が「ワーケーション」で、1ヵ月に何回か会社に出勤する。

そういう働き方がこれからの時代、自然だと思うんですよね。

もちろん、色々と問題はあるとは思います。

例えば、セキュリティがどうとか、本当に仕事しているのか、とか。

でも、こんなのはワークライフバランスから考えたら、どうでもいいことです。

何が大事かを考えて行動することが、会社にとって求められているように思います。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

JALっていい会社

ってことです。

なんていい会社なんでしょう。

社員にも、お客さんにも優しい。

こういう会社は伸びますよね。

社員を大事にしている会社は、必ず業績に結び付いてきます。

会社は人ですからね。

会社は人で成り立っています。

根幹をなす一番大事なものは、一番大切にしなければいけないと思います。

ブラック企業は本当に損をしていますね。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする