実写化の波はついにワンピースまで・・・

アニメや漫画の実写化、なんだか最近はまたさらに過熱して、ガンガン発表されていますね。

最近のビッグニュースは「銀魂」でしたが、それを上回るビッグウェーブの予感を漂わせるのは・・・

そう、「ワンピース」です。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

ワンピースの実写化

ついに、という感じですね。

あちゃーこれは・・・

と思ったんですが、実写化するのはアメリカ、ハリウッドTVドラマ化されるんだそうな。

うーん・・・

ドラゴンボール・・・

と何かが頭をよぎったのですが、そこらへんは無視をするとして、やはりハリウッド+漫画実写化と聞くとあの悪夢を思い出してしまうのは私だけではないはず。

それくらい漫画作品の実写化はハリウッドクオリティをもってしても難易度高め、ということでしょう。

しかし、今回の実写化では期待ポイントが2つあって、それは何かというと、制作スタジオ制作費です。

制作スタジオは人気ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手がけたマーティ・アデルスタイン氏率いるトゥモロースタジオ、そして制作費はなんと「プリズン・ブレイク」超え!

日本での実写化オファーは今まで何度もあったそうですが、クオリティの面、そしてクオリティを担保できる制作費の不足から見送っていたんだそうな。

それが解消されたので、今回の実写化に踏み切った、というわけです。

ちなみに、今回の実写化は、連載20周年を迎えることを記念した20大アニバーサリーキャンペーンのメイン企画の1つなんだそう。

もうワンピースも20年なんだなぁと感慨深くもあったのでした。

今年は実写化すごいことになるんじゃなかろうか

今年の実写化ってすごいですよね。

まだ半分ちょっとしか経ってませんが、発表も含めて、

  • ジョジョ
  • 銀魂
  • ブリーチ
  • 鋼の錬金術師
  • 東京グール   などなど

実写化とか・・・笑

と言われていた作品がここぞとばかりに実写化をしているわけです。

何があった・・・?

と私は思ったりしているんですが、この流れは不思議だなーと感じてます。

作品にとっても、映像制作会社にとっても、いい未来が訪れるといいのですが・・・

ちょっと話がそれましたが、この流れからのワンピースですからねー

これからどうなってしまうのでしょうか。

2017年は今後のアニメ・漫画の実写化において重要な年になるかもしれませんね。

ちなみに、今までの実写化ってどんなものがあったのか気になる方はこちらからどうぞ→(アニメ・漫画の実写化 本数はどのくらい?

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

誰のため?

ってことです。

実写化って誰のためにするんでしょう。

前から不思議だったんですよね。

ファンのためでしょうか?

そうではない気がします。

それじゃ、何のためにやるんでしょうか。

うーん・・・

世の中不思議なことばかりですね。

大人の世界は、謎だらけです。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする