アニメはもう「Netflix」なのかもしれない

「Netflix アニメスレート2017」なるものが8/2に開催されたのですが、みなさんご存知でした・・・?

「Netflix」が今後のアニメコンテンツについてイベントを行ったのです。

今後予定しているラインナップから、「Netflix」のアニメに対する考え方についてまで、多くのことについて触れられたイベントだったそうですよ。

私もイベントレポートを読んだのですが、素晴らしい内容でした。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

今後の「Netflix」オリジナルアニメコンテンツ

まずは、今後の「Netflix」で限定配信予定のオリジナルアニメから。

  • LOST SONG
  • ソードガイ The Animation
  • B:The Beginning
  • A.I.C.O. 〜Inacarnation〜
  • DEVILMAN crybaby

「A.I.C.O. 〜Inacarnation〜」はもうトレーラーがあるので、そちら貼っておきますね。

クオリティ、えぐいですよ。

何がすごいって、クオリティがすごい

ご覧になりました?

すごくないですか、クオリティ。

このクオリティを支えているのは、やっぱり優秀なスタッフなんですよね。

それぞれの作品を見ていていただけるとわかると思うんですが、どれもスタッフがすごく豪華です。

だから、これだけのクオリティを達成できるんだなぁと思いました。

これだけのスタッフが集まるのは、「Netflix」がきちんとお金を払っている証拠でしょう。

いいものを作るには、きちんと対価を支払わなくてはならない、という当たり前のことを知っているのでしょうね。

「Netflix」の登場は業界にとって助け舟となる可能性が大きいですね。

いままで買いたたかれてきた制作費を、業界の慣例に縛られずに、価値を認めて払ってくれる。

もうアニメはテレビで見られなくなるかもしれないですね。

今後のことを考えると、むしろそうなった方がいいのかもしれません。

今までがおかしかった可能性は否定できませんからね。

これを機に、どんどんどんどん、変わっていってほしいですね。

ちなみに、レポートはこちらから読めるのでよかったら。

http://www.gizmodo.jp/2017/08/netflix-anime-slate-2017.html

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

「Netflix」最高

ってことです。

外資ってすごいなといつも思います。

当たり前のことを当たり前にやっているだけなんですがね。

日本企業の良さももちろんあると思います。

でも、やっぱりひどさが目立ちますよね。

今後、団塊の世代が抜けて、どんどん企業体質も変わってくると思いますが、完全に抜けきるまでまだまだ時間を要するでしょう。

その間に、相当離れるでしょうね。

この先、考えないといけませんね。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする