マネーフォワードがマザーズ上場!!

マネーフォワードがマザーズに上場するそうですよ!

家計管理アプリが有名な会社ですね。

レシートの写真を撮ると、それだけで品目を認識して、何にいくら使っているかを自動的に記録してくれる家計簿アプリです。

一時期非常に話題になりましたよねー

「Freee」との訴訟問題でも熱くなったマネーフォワードですが、いつごろ上場するんでしょうか?

公開価格など、その他の情報も気になったのでちょっと調べてみましたよ。

マネーフォワードってこんな感じ。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

マネーフォワード

■基本情報

社名:株式会社マネーフォワード
事業内容:インターネットサービス開発
設立:2012年5月
資本金:18.6億円
代表者:代表取締役社長CEO 辻 庸介
市場区分:マザーズ
上場予定日:2017/9/27

■ビジョン

お金を前へ。人生をもっと前へ。
すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる。

■財務状況(平成29年2月28日)

売上高:1,542,178千円
売上原価:733,658千円
販売管理費:1,685,057千円
営業利益:▲876,538千円
経常利益:▲882,592千円
当期純利益:▲888,972千円

■主力事業

・自動家計簿・資産管理サービス
・企業向けクラウド会計サービス

■競合他社

・Freee
・弥生会計 …など

■強み

・成長市場のFintech関連事業
・システム開発における先行優位性
・主力事業が消費者向けと企業向けサービスの両輪

どうやらこんな感じですねー

詳細なデータはこちらから見られますので、気になる方はどうぞ。

http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

思うところ

Fintech事業をしている会社なので、市場規模の増大に比例して、これからもどんどん伸びていくことが考えられますね。

将来性は◎なんじゃないでしょうか。

ただ、気になるところはいくつかあって、まず赤字ってところですよね。

まーベンチャーにはありがちなんですが、何が理由なのかなーと思って調べてみると、どうやら広告を増やした結果だそう。

なるほどー

まぁいいでしょう。

もう一つは競合ですね。

freeeは勢いに乗ってますし、fintech事業はこれからどこが参入してくるかわかりません。

突如現れる優れたサービスとぶつかったときにどうなるかってのが未知数ですよねー

どこの業界でも言えることなんですが、Fintechの盛り上がり方はすごいですからね。

競争のかなり激しい業界だと思います。

今後の生き残りをかけて、強みとターゲットをどう設定していくかってところがカギだと思いますね。

きちんとそこは考えられていると思うので、今後の方向性には注目ですね。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

買いたい

ってことです。

これから伸びる分野であることは確実ですからね。

ガンガン買いたいです。

Fintech関連は今回のマネーフォワードをきっかけに上場が増えてくるかもしれませんね。

お金関係を扱うに当たって、信頼の獲得は最優先事項ですからねー

今後も目が離せませんね。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする