中国の仮想通貨取引所の停止って、結局いつなの?

最近、仮想通貨が暴落しましたね・・・

何でも大きな原因は中国で規制が入ったからだそう。

取引の停止だそうな。

そりゃ落ちるかーとも思ったんですが、結局どこが、いつごろ停止するのよ?

と思ったので調べてみました。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

中国仮想通貨取引所停止詳細

中国語っぽく書いてみましたが、詳細はこんな感じの模様。

■大手取引所

・BTCC
・OKCoin
・Huobi

■停止時期

BTCC:2017/9/30
OKCoin:2017/10/31までに
Huobi:2017/10/31までに

ほほー

これはまぁ・・・

さらなる波乱が起こる予感ですねえ・・・

とりあえず、10月末までに中国での仮想通貨取引はほぼ停止されると見ていいでしょう。

噂では国営の取引所は残るんじゃ?的なことを言われていますが、実際のところはどうなんでしょうねー

今までのビットコインの盛り上がりはバブルと呼ばれていますが、それを支えていたのが中国の資金というのは有名な話です。

そこが無くなるとなると、かなり厳しくなっていく気配は感じますね。

でもまぁ、最近は値動きも少し落ち着いてきましたが、10月末までは何が起こるかわかりませんね。

上手な人にとってはたまらない時期かもですね!

それにしても、最近ビットコインは逆風ばかりですねぇ・・・

JPモルガンCEO:ビットコインは「詐欺」

これもまぁ割と余波大きかったですよねー

中国問題で市場が荒れている中、さらなる嵐を起こしましたからね。

JPモルガンってすごい力だなぁと改めて感じました。

なんというか、仮想通貨って今までの通貨とはベクトルが違うじゃないですか。

それでも、昔ながらの金融機関の発言力ってこんなに強いんだなぁと。

フィンテックが話題になって、金融のあり方も変わってきていますが、それでもやはり歴史と伝統は強いなと感じさせられた瞬間でしたね。

JPモルガンって結構仮想通貨市場に参入していきているので、それも大きく影響したことは間違いないですが、うーん、ここまで攻めた発言をするとは・・・

本当にひと波乱ありそうだなぁと感じました。

でもまぁ、とりあえずは9月末と10末に注意したいですね!

動きに注目です。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

チャイナマネーすごい

ってことです。

すごい影響力ですよね、中国。

こんなにインパクトがすごいとは思わなかったです。

中国って経済力すごすぎて、忘れがちですが社会主義国家なんですよね。

国が絶対ですからねー

今回のこの流れもしょうがないかなと。

いきなり停止とは驚きましたが、何か思うところがあるのでしょう。

素人にはわかりませんが、何か大きな問題が起こらないことを祈るばかり。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする