バーチャルユーチューバ―って、なんなの・・・?

最近、バーチャルユーチューバ―なるものが人気らしいですね。

バーチャルユーチューバ―、カタカナだらけで噛みそうになりましたが、これってなんなんですかね。

仮想のユーチューバ―、つまりこれは・・・

AIか・・・!?

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大

バーチャルユーチューバ―

バーチャルユーチューバ―とは何かというと、キャラクターがユーチューバーをしている動画なんだそうな。

オリジナルキャラクターを作って、あたかもそのキャラクターがユーチューバ―をやっているようにみせる手法らしいですよ。

何だかピンと来ないですよね。

そんな人のために簡単に言うと、アニメです。

イメージとしてはアニメのキャラクターがユーチューバ―やってるみたいな感じですね。

顔は出さずに自分の作ったキャラクターを画面に表示させて、そこに声を当てる。

声は人間が当てているので、まさにアニメな感じです。

自分でキャラクターを作って、そのキャラクターに声を当てて命を吹き込み、あたかも生きているかのように仮想的なユーチューバ―を作る。

それでバーチャルユーチューバ―というわけですね。

「キズナアイ」さんというのがすごく有名のようですよ。

気になる方はこちらから見てみてくださいなー

https://www.youtube.com/channel/UC4YaOt1yT-ZeyB0OmxHgolA

AIじゃなかった

バーチャルユーチューバーって今までずっとAIだと思っていたんです。

AIが人格形成してしゃべってるのかなーとずっと思ってました。

そんなふうに思っていたので、人気だと聞いたときすごいなーと思ったんですよね。

AIのキャラクターがそんなに人気になるのかと思って、びっくりしたんです。

やっぱりAIの進化凄まじいなぁと。

・・・

そんなことはなかったわけですが。

いやー、悲しかったです。

でもまーここまで調べたからとりあえず動画見てみるかーと思って、動画を見て見たんですが、これは人気、でますね。

だってかわいいんですもん。

かわいいキャラクターがかわいい声でバカみたいなことをやっているんですよね。

俗に言う2.5次元な感じで、すごく境界線があいまいなんです。

かわいいキャラクターが動いてしゃべるのはただでさえ心地いいのに、そこに現実感が加わってグッと身近な存在になっているんです。

うまいなーと思いましたね。

声優さんのラジオが好きな人なんかは一度見てみるといいかもしれません。

はまる可能性、高しです。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

かわいいは正義

ってことです。

やっぱりキャラクターものはいいですよね。

おそらく人気の秘訣はギャップな気がします。

かわいいキャラクター、かわいい声で現実感のあることを言ったり毒を吐く。

これが受けているんじゃないかなーと思いました。

アニメのキャラクターってあんまり現実感のあることって言わないじゃないですか。

やっぱりフィクションの世界の住人なんで。

そこが新鮮に映るのかなーと思いましたね。

人間がやるよりも、壁を一枚はさむことによって同じことを言っていてもよりマイルドになり、よりエンタメ色が強くなっている気がします。

日本人はもともとアニメが好きですからね。

初音ミクも流行りましたし、これから一大ブームが来るかもしれませんね。

スポンサーリンク
ピエロ広告ーレクタングル大
ピエロ広告ーレクタングル大

フォローする