「ちちぶでぶちち」・・・どういう意味?

西武鉄道によるオリジナルアニメーションが制作されるそうです。

タイトルは「ちちぶでぶちち」

・・・・え?

「ちちぶでぶちち」

■概要
タイトル:ちちぶでぶちち
本編:20分
公開:2018年3月ごろ
媒体:西武鉄道 公式HPでネット配信

■スタッフ
監督:菅原静貴
脚本:岸本卓
アニメーション制作: トムス・エンタテインメント

■キャスト
黒沢ともよ
小野大輔
小野友樹
興津和幸
置鮎龍太郎

■あらすじ
主人公・薫子は見合いが決まったものの、幼い頃に秩父で出会った名も知らぬ少年を忘れられないでいた。一緒に歩いた秩父神社、羊山公園の芝桜、長瀞の渓流、三峯神社から見た雲海……そんな遠い日の思い出と、「秩父に行けば、また会えるかもしれない」という淡い期待を胸に、薫子は秩父へ向かう。

キャストもスタッフもなかなかに豪華ですよねー

西武鉄道の本気度がうかがえますね。

個人的に楽しみなのが、脚本が「僕だけがいない街」の岸本卓さんというところですね。

めちゃくちゃ面白かったですからね、「僕だけがいない街」。

なので、この作品も面白いできになるんじゃないかなーと期待をしています。

それに、ネットで無料配信するってところもポイント高いですよねー

西武鉄道大好きになっちゃうじゃないですか・・・

何で「ちちぶでぶちち」なの?

ところで、私は思いました。

何なんだこのタイトルは、と。

どんな意味があるのか気になってしょうがなかったので、調べたらこんな理由が書いてありました。

「舞台・秩父に親しみを感じてもらえるようにとの思いをこめて」

なるほど。

意味は、ないんですね・・・

響きだけでした。

本編見ると理由がわかったりするのかなーなんて思ったんですが、どうなんでしょう。

ストーリーで絡めてもらえると嬉しいですね。

タイトルのことはここらへんにしておいて、アニメって秩父好きですよね。

アニメが秩父を好きなのか、秩父がアニメを好きなのか、そこは定かではありませんが、アニメにおける秩父はかなり認知度高い気がします。

あの花から秩父ブームきましたが、それをきちんと維持しているのがすごいなーと思いますよね。

努力の結晶だなぁと感じました。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

いい会社

ってことです。

西武鉄道いいですねー

いいお金の使い方をしますね。

テレビCMに莫大なお金使うよりもよっぽど効果あるじゃないですか。

まだ始まる前なのに、これだけ各種メディアで取り上げられていて話題になってます。

アニメにとっても西武鉄道にとってもプラスになる、いい使い方するなーと感じたのでした。

今後ももっとこういう企業が増えてきてくれるといいですね。

たくさんアニメ、見たいので。