婚活の選び方【種類と傾向まとめ】

婚活・恋活データ

最近、婚活が話題ですよね。

それだけ結婚の難易度が上がっているということでしょう。

なので、調べてみました。

結婚への、道しるべ。

スポンサーリンク

婚活の種類

私調べによると、婚活には大きく分けて3つに分けられます。

  • イベント・パーティー
  • ネットマッチングサービス
  • 結婚相談所

それぞれこんな感じです。

イベント・パーティー

初対面同士の人たちが実際に会ってやり取りする形式
街コンや、趣味コン、お見合いパーティーなどが有名

メリット

  • 実際に会ってコミュニケーションを取りながら、相手のことを知ることができる
  • 一度に短い時間で多くの人に出会える

デメリット

  • 初対面かつ話す時間は短いので、相手のことを深く知ることは出来ない
  • 気軽に参加できる反面、参加者の結婚に対しての本気度は差がある

※最初の入口はイベントやパーティーの流れで敷居が低いが、そこから先は個人の裁量となるため、その後のハードルはグッと上がる

 

 

ネットマッチングサービス

ネット上で会員同士が自由にやり取りする形式
会員同士直接やり取りをするので、気になった人にアプローチすることができる

メリット

  • ネット上でのやり取りになるので、コミュニケーションがとりやすい
  • 人目を気にせず、安価で気軽に始められる

デメリット

  • 文字ベースでのやり取りになるため、関係が深まるまで時間と手間がかかる
  • 会員の自由度が高い反面、自分で行動を起こさなければ何も始まらない

※最初は相手が何者か互いにわからないために、関係を構築するのは難しいが、一度仲を深めてしまえば、その後のハードルは高くない

 

 

結婚相談所

会員同士が直接やり取りするのではなく、間にエージェントを挟む形式

Aさん ⇔ エージェント ⇔ Bさん

入口は必ずエージェントを通さなくてはならず、最初のうちは会員同士直接やりとりすることは基本的にできない

メリット

  • プロがついてくれるので、慣れていない人でも円滑に進めることができる
  • 参加者の本気度が高いので、結婚に結びつきやすい

デメリット

  • 活動の自由度が低い
  • とてもサービスが充実している反面、料金が高い

※最初からお互いに結婚というゴールが明確なことに加え、プロがサポートしてくれるため、出会いから結婚まで総じてハードルは低め

 

私的それぞれの特徴まとめ

イベント・パーティー ネットマッチングサービス 結婚相談所
結婚本気度
コスト
敷居の低さ
自由度
サポート
自己主導性
直接会うまで 短い 長い 普通

 

一覧表にするとこんな感じでしょうか。

それぞれ一長一短ですねー

どの形式を選ぶかどうかは、どの項目を重視するかどうかによるのではないでしょうか。

それぞれの人に、最適な選択肢は違うと思われます。

人生は選択ですね。

 

 

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

 

結婚したい

 

ってことです。

一人はさびしいですよね、やっぱり。

特に冬は寒さが骨身にしみます。

今後の人生を考えていくと、やはり結婚したいなと思いますね。

結婚というシステムについて、巷ではなんやかんやと言われていますが、今後どうなっていくんでしょうかね。

実に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました