「神風動画」の社訓と社風が神だった

「神風動画」ってアニメ制作会社ご存知です?

「ポプテピピック」の制作で有名ですよね。

最近目につくことの多い会社ですが、この会社素晴らしかったです。

「妥協は死」

「神風動画」の社訓は「妥協は死」だそうです。

うーん、クリエイター的には100点ですね。

しかし、そこはブラックなアニメ業界。

「妥協は死」=「物理的な死」

・・・

につながるかと思いきや、なんとこの会社ホワイトなのです。

ソースは中の人なので、正直どこまで本当かはわからないのですが、どうやら話を聞く限り本当の模様です。

それはなぜかというと、この会社がアニメは辛くないと作れないの?という思いから始まったからだそうな。

アニメ会社ってつらくて、厳しくて、夜も帰れなくて……というイメージがありますけど、本当にそうしないとアニメって作れないの? という思いで作られた会社なんです。スタッフはそこに賛同して集まっているので、そこは絶対に崩さないようにしようと。

こんな理由があるそうですよ。

うーん、素晴らしすぎますね・・・

こういう哲学でアニメを作っている会社がどんどん増えてほしいばかりです。

なぜできないのか

なんでですかね?

なんで出来ているところがあるのに、できないんでしょうか?

不思議でしょうがないですね。

アニメ業界はブラックなイメージが強く、そのため人材不足が問題になっています。

ブラックというイメージだけで敬遠する人も多いのも事実です。

今後の業界の存続を考えれば、なんとかホワイトに近づけていくのがベストだと思うんですがね。

それに、ブラックの中でホワイトであれば、人材面でかなり他社よりも優位に立てると思うのです。

そうすればより優秀な人材が集まるので会社のレベルが上がるだけでなく、なおかつメディアに取り上げられれば宣伝にもなります。

これだけいいことづくめなのに、どうしてやらないんですかね?

他にやれているところがいないんだというのであれば、そこまで強くは思わないのですが、現状やれているところはありますからね。

だからこそ、不思議でならないのです。

昔のやり方から変えたくないのでしょうか。

何にこだわっているのか、本当に不思議です。

ちなみに、現状のアニメ制作の仕組みについて気になる方はこちらからどうぞ。

製作委員会の仕組みとその問題点【まとめ】

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

やっと

ってことです。

やっとこういう制作会社が出てきましたね。

とても喜ばしいことだと思います。

あとはこのまま順調に制作を続けて、倒産しないでいただければ最高です。

アニメ業界は倒産しがちですからね。

きちんとお金を管理して、未来の新しい制作スタイルを確立していってほしいものですね。