「婚活実態調査2017」が実に興味深い・・・

婚活について調べていたら、リクルートの「婚活実態調査2017」なるものが!

これは気になる・・・!

と思ってのぞいてみたんですが、なかなかに期待の持てる面白いデータでしたよ!!

リクルート「婚活実態調査2017」

いやー、とても面白くてですねー

私がこれは!と思ったデータをピックアップしますと・・・

★婚活サービスで結婚した人の推移(2013-2016)
4.7% → 11.3%(+6.6%

★既婚者の中で婚活サービスを利用したことのある人(2013-2016)
20.8% → 39.4%(+18.6%

★婚活サービス利用率の変化(2015-2016)
・結婚相談所 17.0% → 25.3%(+8.3%)
・恋活サイト・アプリ 8.4% → 20.5%(+12.1%
・婚活パーティ・イベント 12.0% → 18.7%(+6.7%)
・婚活サイト・アプリ 15.1% → 17.2%(+2.1%)

こんな感じでした。

いやー、婚活サービスが普及してきているなーという感じがありますよねー

中でも私が驚いたのが、恋活アプリ・サービスの利用率ですね!

なんと、二倍以上差のあった婚活アプリを抜き去るほどの伸び率!

何となく傾向が読めてきた気がします。

婚活で本気の人たちは結婚相談所に行き、恋人ほしいなー結婚できたらいいなーぐらいの人たちは恋活アプリを利用する、という現状なんですね。

そして、恋人探しにはインターネットを利用するのが当たり前になってきたと、そういうわけですねー

上記のデータもかなり婚活市場においてポジティブなデータですが、さらにポジティブなデータがあったのです!

若い世代ほど婚活に抵抗がない

そう、それは若い世代ほど婚活というものに抵抗がない、ということです。

これは今後の婚活を考えるうえでかなり重要なことですよね。

なぜかというと、今後の婚活市場は活性化する可能性が高いからです。

もしかしたら、将来的には「結婚への道のりは婚活から」というのがスタンダードになるかもしれません!

いま婚活をしている人にももちろん大きなメリットがあります!

婚活に参加する人が増えれば、それだけ多くの人と会えるようになるわけなので、より理想の相手に出会える確率が上がるわけです!

しかも、下から突き上げる形で人が流入してきますからねー

これからの婚活市場は明るいなーと思ったのでした!

リクルートの「婚活実態調査2017」の詳しいデータが見たい!という方はこちらから
http://bridal-souken.net/research_news/konkatsu.html

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

データって大事

ってことです。

やっぱり面白いですよね、こういうデータって。

思わぬ発見があったりしますし、非常に勉強になります。

多くの人にとって参考になると思うので、こういうデータはぜひともガンガン調査・発表してもらいたいものですね。