「依存症」ってどこからが依存症なの?

「依存症」

何かと耳にすることの多い昨今ですが、いったいどこのラインから「依存症」という区分がされるんですかね?

「好き」「依存」の境はどこなんでしょうか。

「依存症」とは

厚生労働省のページによると・・・

特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること

厚生労働省HP:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html

だそうです。

上記のHPに書いてありますが、「依存症」には2つあって、「物質依存」と「非物質依存」があります。

例を挙げると・・・

「物質依存」:アルコール、ニコチン、カフェイン、など

「非物質依存」:ギャンブル、買い物、インターネット、など

となりますね。

「依存症」はどうして問題かと言うと、依存対象物(お酒とか)への欲求を自分でコントロールできなくなり、周りに迷惑をかけたり、日常生活に支障をきたしてしまうからですね。

つまり、「好き」と「依存」の違いは、「客観的に見て、日常生活を送る上で不都合が生じていないか」ということになりそうですね。

なぜ客観的に見なければいけないかと言うと、依存症の人は無自覚だからです。

酔っぱらっている人に、酔っぱらってるからもうやめなよ、と言っても必ず「まだ酔ってないから大丈夫だよ!」と言うのと同じですね。

どうして無自覚かというと、脳の構造が依存症の影響で変化してしまっているからです。

普通の人が異常だと思うことでも、依存症の人にとっては普通のことになってしまうのです。

実に恐ろしいですね・・・

なので、客観的に見てどうか、ということが重要です。

ちなみに、医学的な基準も調べてみたのですが、詳しくはわからなかったので、おそらく症例ごとに明確な基準(頻度・量など)があるのだと思います。

気になったら、チェックしよう

少しでも、これって依存症かなと思ったり、人に言われたりしたら軽く調べてみることをおすすめします。

いまはネット簡易検査的なこと(診断ツールなど)もできるので、気になったらチェックするほうがいいかと。

しかし、依存症の人は盲目的になってしまっているので、身近でそういう人がいたら周りの人が率先してチェックするのが吉かなと思いますね。

もし依存症であるならば、大小はあれど、ある程度は周りの人に迷惑が掛かりますからね。

情けは人のためならず、です。

対岸の火事ではないですからね。

依存症は誰にでも起きることです。

だからこそ、あれ、最近あの人ちょっと変だな・・・と思ったら、プライバシーに干渉しない程度に助け舟を出してあげることが大切なのかもしれません。

長い目で見れば相手にとっても自分にとってもいいことですからね。

問題は早めに摘んでいくことがやっぱり大切なんだなぁと思ったのでした。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

ってことです。

依存症はとても曖昧な病気ですよね。

他人から見たらどう見ても依存症なのに、医者にかかったら依存症じゃなかったとか、よくある話のようですね。

基準が難しいなと思います。

基本的にはチェックシートの診断になる、つまりは自己申告(家族が答えれば別になるのか・・・?)なので、問題が多いなと。

依存症の人は自覚がないので、勝手に病気にされたと思うわけですからね。

脳の構造を確認して判断するしかないのかもしれませんね。

生きているうえで誰でも何かしらの依存症にはなっているんだろうなーと思ったのでした。