雷ってどのくらいの明るさなの?

最近、夜に雷が鳴っていたので外を見ていたのですが、びっくりしたんですよね。

雷の美しさに。

なんてきれいなんだろうと思ってぼーっと見てしまったのですが、その時に気づいたのです。

雷が光るとカッと世界が明るくなることに。

そのときふと思いました。

雷の明るさってどのくらいなんだろうと。

雷の明るさってどのくらい?

調べたところちゃんとしたものが出てこなかったので、ネットで拾った情報をもとにガバガバ計算したいと思います。

今回使う明るさの単位はルーメン。

LED電球とかで使われていて、目にする機会も多いかと。

さてさて、それでは早速考えていきたいと思います。

wikipediaによると、雷のエネルギー量は電力換算で平均約900GW(=100W電球90億個分相当)らしいので、これを基準に考えていきたいです。

ちなみにこのエネルギー量はどのくらいかというと、もし、無駄なくすべてためる事ができるなら、家庭用省電力エアコン(消費電力1kW)を24時間連続で使い続けた場合、10日強使用できるとのこと。

正直な感想としてはそんなもんなのかと思いましたね。

あの輝きがそれくらいの電力しかないと思うと・・・

エアコンの消費電力がすごいのかもしれませんがね。

さてさて、話がそれましたが計算をしましょう。

雷の明るさ計算

雷のエネルギー量=平均約900GW(=100W電球90億個分相当)

100w電球の明るさ=1520ルーメン

雷の明るさ=1520ルーメン×90億=1.368×1013ルーメン

※光束は足し算できるらしいので足してみました

計算結果

はい、ということで、計算の結果雷の明るさはざっと13.7兆ルーメンでした。

・・・

まったくピンと来なかったので、比較してみました。

雷の明るさ比較

光束(lm:ルーメン)の場合

光源 光束(lm)
太陽光 3.6×1028
白熱電球 40W 485
白色蛍光ランプ 40W 3,000
水銀ランプ(蛍光系)400W 22,000

探したところこれくらいしか見つからなかったので、こちらで簡単に比較すると、雷の光の強さは、太陽光の約3×1015(3000兆)分の1となりました。

うーん、まったくわからんですね。

というか、やっぱり太陽ってやばい。

照度(lx:ルクス)の場合

ということでルーメンではさっぱりだったので、ルクスという単位で比較してみることにしました。

こんな変換サイト見つけたのでここでやってみましたよ。

https://tomari.org/main/java/hikari.html

ルクスは光源からの距離が大事なので、どのくらいにするか考えた結果、調べても雷の発生する限界高度等が出てこなかったため、とりあえず10kmで計算してみました。

その結果、雷のルクスは・・・

約1万ルクス

1万ルクスはどのくらいの明るさかというと、「日中の木陰」程度なんだそうな。

ほほー

エネルギーの大きさや距離で上下はしますが、なんだか納得の明るさです。

夜の雷とか、一瞬ものすごく明るくなるじゃないですか。

昼間かな?くらいの光量を感じることもあるので、かなり明るいんだろうなーと個人的には思っていたのですが、たしかに日中の木陰が急に夜に来たら相当明るく感じますよね。

というわけで、雷の明るさは「日中の木陰」程度となったのでした。

個人的には満足です。

すっきり!

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

きれい

ってことです。

雷ってとてもきれいですよね。

びっくりするくらいきれいです。

夜の雷なんてとてもわくわくしてしまいますね。

もちろん落ちないことを祈りながらですが。

天災には気を付けたいものですね。