2019年冬クール 制作会社別本数ランキング

さてさて、2019年の始まりはどの制作会社ががんばっているのでしょうか。

実に気になるところなので、作成本数をまとめてみました。

これからアニメ業界に就活しようとしている方も、ぜひ参考にしてみてくださいな。

1位:2本

BN Pictures

B-PROJECT~絶頂*エモーション~
ファイトリーグ ギア・ガジェット・ジェネレーターズ

MAPPA

※どろろは手塚プロダクションと共作

2位:1本

A-1 Pictures かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ https://kaguya.love/
CloverWorks 約束のネバーランド http://neverland-anime.com/
CygamesPictures マナリアフレンズ https://manaria.jp/
GEMBA 荒野のコトブキ飛行隊 https://kotobuki-anime.com/
GONZO 聖闘士星矢 セインティア翔 https://www.saintia-sho.com/
J.C.STAFF デート・ア・ライブIII http://date-a-live-anime.com/
project No.9 ぱすてるメモリーズ https://pasumemotv.com/
SILVER LINK. サークレット・プリンセス http://cirpri-anime.jp/
Studio五組 えんどろ~! http://endro.jp/
アスミック・エース、ポリゴンマジック Dimensionハイスクール http://dimension-hs.com/
ガイナ ピアノの森(第2シリーズ) http://piano-anime.jp/
キネマシトラス 盾の勇者の成り上がり http://shieldhero-anime.jp/
サテライト ガーリー・エアフォース http://gaf-anime.jp/
スタジオぴえろ HERO MASK http://heromask.jp/
セブン・アークス・ピクチャーズ バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~ https://colorful-pastrale.com/
ゼロジー 同居人はひざ、時々、頭のうえ。 https://hizaue.com/
タツノコプロ エガオノダイカ http://egaonodaika.com/
ディオメディア ドメスティックな彼女 http://domekano-anime.com/
トマソン けものフレンズ2 https://kemono-friends.jp/
トムス・エンタテインメント 明治東亰恋伽 http://meikoi.com/tv-anime/
パッショーネ/CreatorsinPack BanG Dream! 2nd Season https://anime.bang-dream.com/2nd/
ぴえろプラス 不機嫌なモノノケ庵 續 http://mononokean.tv/
ブレインズ・ベース グリムノーツ The Animation http://www.tbs.co.jp/anime/grimmsnotes/
ボンズ モブサイコ100 II(第2期) http://mobpsycho100.com/
マジックバス パパだって、したい https://papashita.cf-anime.com/
マッドハウス ブギーポップは笑わない http://boogiepop-anime.com/
ヤオヨロズ ケムリクサ http://kemurikusa.com/
ライデンフィルム 魔法少女特殊戦あすか http://magical-five.jp/
レスプリ 上野さんは不器用 http://www.miss-ueno.com/
株式会社EMTスクエアード 雨色ココアside G http://rainycocoa.jp/anime/
株式会社GoHands W’z《ウィズ》 http://wz-anime.net/
作楽クリエイト まんなかのりっくん@きんてれ http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/kinder/intro/sakuhin13/
手塚プロダクション 五等分の花嫁 http://www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/
動画工房 私に天使が舞い降りた! http://watatentv.com/
白組 revisions リヴィジョンズ http://revisions.jp/

素晴らしい傾向だ

いやーまさかの1位が2本という結果となりましたね。

今クールは本数が少ないとは言え、素晴らしくいい傾向だなと思いました。

ガンガン本数を減らして、各社1クール1本でクオリティ勝負といった形にもっとなっていってほしいですね。

理想としては、もっと本数を減らして、クオリティ全振りしてほしいですがね。

2クールに1本くらいでいいんじゃないかなと思ったりします。

経営があるので難しいとは思うのですが、何とかそのような方向になっていってほしいものです。

ちなみに、今回のランキングはいつものごとく深夜アニメ中心なので、ご容赦くださいな。

夕方とかのアニメを足すとガッと本数の上がる会社はありそうですが、気になる方は調べてみてください。

アニメ本数多すぎて調べるのしんどいのは内緒です。

もう少し枠等絞ってほしいものですねー

見るのも大変ってのは、分散しちゃってるなーと思ったり思わなかったり。

まとめ

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

バンナム強い

ってことです。

そりゃ強いですよねー

安定した供給元があるわけですからねー

お金もありますし。

大手の力を感じさせられますね。

どこもかしこもなんだかなーな世の中ですね。

コメント

  1. ふう より:

    このランキングは2クールのアニメはカウントしてないんですか?

    • 管理人ピエロ より:

      ふうさん
      コメントありがとうございます!
      すみませんが、新規アニメ(深夜枠30分)を対象とさせていただいております。(抜けがある可能性は大)
      来クール以降は2クールもカウントさせていただければと思います!