就寝前に音楽を聴くと睡眠が妨げられる?

科学の力

音楽っていいですよね。

気分は上がるし、リラックスできるし、よく聞いている方も多いのではないでしょうか。

寝る前にリラックスするために聞くって人も多いですよね。

悲報ですが、寝る前は聞かないほうがいいみたいです・・・

就寝前に音楽を聴くと睡眠が妨げられる

 

 

ベイラー大学の心理学・神経科学科のマイケル・K・スカリン博士の研究によると、就寝前に音楽を聴くと、睡眠の質が低下することが明らかとなった。

人間の脳は、音楽を聴いていないとき(睡眠中も含めて)でも、音楽を処理し続けているのは明らかだとスカリン博士は言う。

夜に定期的に(週に1回以上)イヤーワームを経験する人は、めったにイヤーワームを経験しない人と比較して、睡眠の質が悪い可能性が6倍あるとのこと。

イヤーワームとは、歌または音楽の一部分が頭の中で反復される現象のこと。
「音楽が頭にこびりついて離れない」と表現されることも。
「ディラン効果」とも呼ばれる。

 

音楽が睡眠を改善させると思っていたが、実際にはより多くの音楽を聴く人ほど睡眠の質が悪くなり、驚くことにインストゥルメンタルが2倍もイヤーワームを作り出しやすいということがわかった。

就寝前に音楽を聴くことで、寝る前にイヤーワームを作り出しやすくなるだけでなく、習慣づけされてしまうと、音楽を聴いていなくてもイヤーワームが形成され、睡眠の質を妨げてしまう可能性が高い。

 

たしかに寝れなくなるかも

 

たしかに、寝る前に音楽聞いちゃうと、頭の中で音楽ぐるんぐるんして寝れなくなることありますよね。

なんだかめちゃくちゃ納得しました。

というか、あれって「イヤーワーム」って言うんですね・・・

一番驚きなのが、インストゥルメンタルが2倍も「イヤーワーム」作りやすいってところです。

インストゥルメンタルこそ、寝るときに聞いてる人めちゃくちゃ多いのでは・・・?

それこそクラシックとかリラックスできる!って言うじゃないですか。

気を付けないといけませんね・・・

あと、音楽かけながら寝落ちも本当に気を付けないといけませんね。

寝てる間も脳が音楽を処理し続けるので、脳みそ寝れてないってことですもんね。

なんか寝れないから音楽かけよ・・・ってやつは本当にやめたほうがよさそうですね・・・

睡眠の質が悪いんだよなぁって方は、音楽との付き合い方をぜひ見直してみるとよいかもしれませんね!

 

 

まとめ

 

まー色々と書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、

 

名前あったんだ

 

ってことです。

イヤーワーム、発見でした。

あるある現象に名前が付いているとテンション上がりますよね。

ゲシュタルト崩壊的な。

それにしても、音楽は本当に人間の脳に大きな影響を与えているんですね。

そりゃ聞いただけでテンション上がったり泣いたりしますよね。

音楽との付き合い方を考えていきたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました